コールセンターについて

私たちが働く「コールセンター」とは?

コールセンターとは、企業の商品やサービスに対して、お客様からの注文や問い合わせ、 ご意見の受付など「お客様とのコミュニケーション」を行う部門・部署です。 電話だけでなく、メール対応、FAX対応などの業務も行う場合があるため 「コンタクトセンター」と呼ばれることもあります。そしてバーチャレクス九州では、 さまざまなクライアント企業様から委託を受けてコールセンターの運営を行っています。

クライアント企業様に代わって電話対応やメール対応などをするお仕事

携帯電話や銀行、パソコンなど、皆さんが日常よく利用している商品やサービスに 「お客様相談室」や「お申込み・お問い合わせセンター」などの表示があるのを 目にしたことがありませんか?
困ったときや、知りたいことがあるときに、そこに電話やメールでコンタクトをとると、 オペレータが丁寧に教えてくれます。

私たちのように、アウトソーシングを行う会社のスタッフが「オペレータ」として、 クライアント企業様に代わってコールセンターでの電話対応やメール対応をしているケースが多くあります。

オペレータの役割

オペレータは「お客様と直接コミュニケーションを取り、クライアント企業様に代わり、 お客様の声を聞く」という重要な役割を担っています。
日々お客様と接していく中で、「もっとこうした方が良いのではないか?」 「こんなサービスがあったらいいのではないか?」「お客様は、こういうニーズを必要としている のではないか?」・・・ということを感じたオペレータの提案から、サービスが改善されたり、 新商品の開発に結びついたり、お客様が大変満足されたという例が数多くあります。

コールセンターにはまた、さまざまなバックグラウンドをもったユニークな仲間がオペレータとして働いています。 やりがいを感じられる楽しい環境の中で、私たちと一緒にチャレンジしてみませんか?